廃食油を回収しています 

 葛城市では循環型社会形成の一環として、廃食油回収に取り組んでいます。

バイオディーゼル燃料(BDF)の生成と利用

 現在、世界で利用されているエネルギーのほとんどが石油、天然ガス、石炭など、いわゆる化石燃料と呼ばれるものです。これら化石燃料を燃焼して使用すると、二酸化炭素などの温室効果ガスを発生させ、地球温暖化の原因になるといわれています。
化石燃料は一度使ってしまえば再生不可能で、やがて枯渇してしまいます。日本は石油などの資源がほとんどなく、外国からの輸入に頼っているのでなおさら心配です。
そのため、再生ができない化石燃料一辺倒から、再生が可能な太陽光、風力、バイオマスエネルギーの利用拡大へ転換することが必要です。
菜の花は油がたくさんとれるので、ヨーロッパでは以前から石油の代わりになる資源作物として栽培しています。いわゆる菜の花畑が「油田」になるのです。菜の花は、また翌年も成長して油がとれますから、再生可能な資源なのです。
菜の花プロジェクトでは、食用にできるナタネ油をすぐに燃料として使うのはもったいないので、一度食用に使ってから捨てられる廃食油を回収して再利用しています。


廃食油から燃料へ

 回収した廃食油(植物油)にメタノールと苛性ソーダなどのアルカリ触媒を加え、エステル交換反応と呼ばれる化学反応をおこさせます。
それによりメタノールと油のなかに含まれるグリセリンが入れ替わり、バイオディーゼル燃料(BDF)が生成されるのです。

廃食油からバイオ燃料になる流れ

反応過程 バイオ燃料で走るバス


温暖化防止効果

 生成されたバイオ燃料はディー ゼルエンジンの燃料として軽油に替えてバス、トラック、耕運機、フォークリフト、発電機、建設機械などに利用することができます。現在、全国の多くの自治 体で、市民が協力して回収した廃食油からバイオディーゼル燃料(BDF)を生成し、巡回バスなどの公用車を走らせています。葛城市においても、2台のごみ の収集車がBDFを燃料として走行しています。BDFは植物が原料になる再生可能な燃料で、植物は成長過程で二酸化炭素吸収する為、燃焼しても二酸化炭素 を増加させることはありません。これまで使っていた軽油燃料をBDFに変えると、軽油1リットル当りの燃焼で出る2.64キログラムの二酸化炭素発生量を 減らし、温暖化防止に貢献します。

バイオ燃料の製造・利用の図


廃食油回収場所の案内

収集場所 住所
葛城市役所新庄庁舎 葛城市柿本166番地
葛城市役所當麻庁舎 葛城市長尾85番地
忍海集会所 葛城市忍海262番地5
上記場所に「廃食油回収ステーション」を設置しています。 家庭より出た廃食油は最寄りの回収ステーションまで、お持ちください。
各ステーションに「廃食油回収ボックス」を設置しています。ボックス内に回収用のタンク(赤)を備えておりますので、じょうご・油こしを使って回収タンクへ入れてください。
新庄庁舎 捨てるとき 當麻庁舎

「廃食油回収」に関心のある方は、環境課までご連絡ください。