ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム

文字の大きさ:
色合い変更:
ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
このページの場所は次のとおりです ここからページの本文です

廃食油から石けん作り

 回収した廃食油より、地球環境にやさしいリサイクル石けんができます。

 廃食油回収ステーション

 

 石けんへ

 


資源として再利用しましょう

 食用油は人類が生きていく上 で、なくてはならない食品の一つです。揚げ物や食品加工品として幅広く使用され、料理に使われた油は廃食油として排出されます。それを回収すれば資源とし て再利用できます。資源の有効利用により、ごみを減らすとともに環境に負荷のない社会づくりに取り組んでいます。
廃食油回収ボックス

 

廃食油の利用

 合成洗剤は使ったあと、水の中で分解しにくいため、川が汚れて魚が住みにくくなりますが、廃食油石けんは分解しやすいため環境に良い石けんです。

 

廃食油石けんの作り方


材料の図

 材料

  • 廃食油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・300グラム
  • 苛性ソーダ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・42グラム
  • 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・100グラム
  • かき混ぜ棒(20センチメートル以上)・・・1本
  • 容器(豆腐などの空き容器)/手袋/マスク
1 2 3 4
苛性ソーダと水を混ぜ合わす 廃食油を追加して混ぜ合わす 豆腐の容器に流し込む 出来上がった石けん
水100グラムに苛性ソーダ42グラムを少量ずつ入れ、かき混ぜ棒でかき混ぜる。この時、先に入れた苛性ソーダが溶けたら、次の少量を加えるように、慎重に作業をする。また、この時、熱が発生するので、その蒸気を吸わないように、また、やけどにも注意する。 左記1の中へ、廃食油300グラムを少しずつゆっくり流し込む。
最初の20分は休まず混ぜる。その後は、混ぜ棒を持ち上げてみて、したたり落ちた生地の跡が表面に残る状態になるまで混ぜる。
豆腐の入っていた容器を再利用します。
容器を洗い乾かした後に2を入れ、常温のまま固まるまで待ちます。
風通しの良い所で4から6週間置いて熟成、乾燥させたら出来上がりです。
容器から取り出し使っても、容器のまま使ってもOKです。
※苛性ソーダは、劇物です。取り扱いには十分注意が必要です。マスクや手袋を必ず着用の上、換気の良い場所で作業をしてください。

 

ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です
新庄庁舎 〒639-2195 奈良県葛城市柿本166番地
TEL:0745-69-3001  FAX:0745-69-6456
當麻庁舎 〒639-2197 奈良県葛城市長尾85番地
TEL:0745-48-2811 FAX:0745-48-3200
窓口受付 午前8時30分~午後5時15分(祝日、休日、12月29日から1月3日を除く月曜日から金曜日)
※開庁時間が異なる組織、施設がありますのでご注意ください
ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる