葛城市では地球温暖化対策の推進及び温室効果ガスの削減並びに環境保全意識の高揚を図るため、住宅用太陽光発電システムを設置する費用の一部について、補助金を交付します。

補助対象システム

次の要件を全て満たすシステムが対象となります。

  1. 太陽電池モジュールの公称最大出力の合計値が、2kW以上10kW未満であること。
  2. 未使用品であること。
  3. 次に掲げる品質及び性能を有するもののうち、一定の品質及び性能を一定期間確保されると認められること
    ア.太陽電池モジュールが、JISに基づく試験により認証を受けているもの。
    イ.アと同等以上の品質及び性能を有すると確認されているもの。
補助対象者

次の全ての要件を満たした方が対象となります。

  1. 市内に住所を有する方で補助対象システムを市内の自ら居住する1戸建て住宅に設置した方、または市内で自ら居住するために補助対象システムが設置された1戸建て新築住宅を購入した方。
  2. 電気事業者と電力受給開始日から起算して1年以内の申請となる方。
  3. 電力の全量買取制度の対象とならないシステムを設置している方。
  4. 市税等を滞納していない世帯に属している方。
補助金額

1件につき5万円を補助します。ただし、同一の住宅につき1回限りとします。

申請方法

下記の申請書及び必要書類を申請受付期間内に環境課窓口まで提出してください(郵送不可)。

 

  1. 住宅用太陽光発電システム設置補助金交付申請書(様式第1号)
  2. 住民記録情報及び納税状況確認の承諾書(様式第2号)
    もしくは、住民票謄本及び市税等に滞納がない旨を証明したもの 
  3. 対象システムの設置に係る工事請負契約書の写し
    (対象システムが設置された新築住宅を購入した場合は、売買契約書の写し)
  4. 対象システムの設置費に係る領収書の写し
  5. 設置したモジュールのメーカー、型番が記された書類の写し
  6. 対象システムの設置工事完了後のカラー写真
  7. 電力会社との電力受給契約に関する書類の写し

    ※対象システムを設置した住宅が、交付申請者の所有ではない又は共有の場合は、所有者又は共有者全員の設置同意書(様式第3号)が必要です。
    ※申請手続きを第三者に委任する場合は、住宅用太陽光発電システム設置補助金交付申請書類提出委任届(様式第4号)が必要です。

 また、申請の際に本人確認を行いますので、申請者(代理人)の方の身分証明書(運転免許証など)をご用意ください。

 

申請書類等をご確認いただくチェックリストを作成しましたのでご活用ください。

  

様式ダウンロード
申請受付期間

受付日  平成28年4月1日(金曜日) ~ 平成29年2月28日(火曜日)

受付時間 午前8時30分 ~ 午後5時15分 ※土日祝や年末年始等の閉庁日は除きます。

 

  ◎詳しくは、募集要領をご覧いただくか環境課までお問合せください。