セアカゴケグモは、強い毒を持っていますが、突かれると驚いて死んだまねをするなど、攻撃性もなくおとなしいクモです。素手で触らない限り特に咬まれることはありません。
国内では、平成7年11月に大阪府高石市内で初めて発見されましたが、現在では、奈良県内でもあちこちで生息が確認されています。葛城市でも、葛城市霊苑や各地の墓地、市内各地の公園の側溝等で、数多く発見されています。

県保健所や市から駆除にはいきません。各所有地の管理者が駆除を行ってください。

 

体の特徴

 

○雌                                              

 成体のメスは、約10~15mm(脚を含まない)で、全体的に黒色または濃い褐色です。

 特に腹部の背面に赤色の帯状の模様があるのが特徴です。

 

 

 

○雄

 成体のオスは、約3~5mmで、腹部は、白色を基調として2本の黒い縦縞があります。

 オスによる咬傷事例は、無いとされています。

生息場所

1、日当たりが良く、暖かいところ
2、昆虫や小動物などの餌が豊富にあるところ
3、巣を張る適当なすき間があるところ

例えば

・屋外のブロックや、植木鉢、プランターの底

・エアコン室外機などの機器と壁のすき間

・公園の側溝の内部や、その網の蓋のすき間

・墓石のすき間 など

 

見かけたら

素手で触らない。
駆除する(踏みつぶす、殺虫剤をかける)

 

咬まれたら

咬まれた時は、針で刺されたような痛みを感じ、その後、咬まれたまわりが腫れ、熱くなり、時間の経過とともに全身に広がります。

悪化すると四肢の痛みや腹痛、けいれんなどが現れることもありますので、病院で治療を受けることが必要です。(出来れば病院に、咬まれたクモを持参してください。適切な治療につながります。)

・傷口を流水で洗い、幹部をひやしながら、直ちに病院で適切な処置を行ってください。

 

対策

・外で作業をする時は、手袋をしましょう。

・不用意に側溝等のすき間に手を入れないようにしましょう。

・クモの生息しそうな場所は、こまめに清掃したり、整理整頓したりして、クモの住みにくい環境を作りをしましょう。