カラーコンタクトレンズにはレンズの品質が原因で透明なコンタクトレンズよりも眼障害を起こしやすいものがあることが分かりました。カラーコンタクトレンズを使用する場合には、リスクを十分に理解した上で、必ず眼科を受診し眼科医の処方に従ったレンズを選択するようにしましょう。

 カラーコンタクトレンズによる眼障害を防止するためには、購入時の眼科受診や定期検査の受診、レンズの使用期限、適切なレンズケアなど、消費者の適正使用が非常に大切です。
 カラーコンタクトレンズを使用していて目に異常を感じた場合には、直ちに使用をやめ、眼科を受診しましょう。また、目に異常を感じていなくても、必ず定期検査を受けるようにしましょう。

詳しくは、こちら(国民生活センター)をご覧ください。