加入対象者・国民年金の被保険者

種別 加入対象者
第1号被保険者 農業・自営業者・大学生 などの日本国内に住んでいる20歳以上 60歳未満の人(厚生年金に加入していない人)
第2号被保険者 厚生年金保険(従前の船員保険も含む)の被保険者
第3号被保険者 厚生年金保険の被保険者の被扶養配偶者20歳以上60歳未満の人
なお、平成14年4月から 第3号 被保険者に関する届出は、配偶者(第2号被保険者)の勤務先を通じて提出して頂くことになりました
(市町村の窓口でのお取り扱いはありません。ご注意下さい。)

※日本国内に住む20才以上 60才未満の人は、職業に関係なくすべて国民年金に加入します。
会社員や公務員などは、同時に厚生年金に加入することになり、いわば2階建ての制度になっています。

希望により任意加入できる人

加入すると第1号被保険者の取り扱いになります。
  1. 日本国内に住んでいる20歳以上60歳未満の人であり、老齢(退職)年金受給者
  2. 日本国内に住んでいる60歳以上65歳未満の人
  3. 日本国籍がある人で外国に住んでいる20歳以上65歳未満の人
  4. 昭和40年4月1日以前に生まれた人であって、年金加入期間が不足しているため、老齢基礎年金が受給できない65歳以上70歳未満の人

~平成9年1月から基礎年金番号がスタートしました~

基礎年金番号とは、20歳になって国民年金に加入した時や就職して厚生年金に加入した時など、公的年金に初めて加入した時の年金番号を加入制度 が変わっても、そのままひとつの番号を使用し続けるというものです。年金手帳の記号番号がそのまま基礎年金番号になっていますので、特別な手続きは必要ありません。