第1号被保険者だけの期間で老齢基礎年金を受けることができる夫が、年金を受けずに亡くなったときに、10年以上生活を共にした妻に60歳から65歳になるまでの間支給されます。

 ※亡くなった夫が、障害基礎年金の受給権者であった場合、老齢基礎年金を受けたことがある場合は支給されません。また、妻が繰り上げ支給の老齢基礎年金を受けている場合は支給されません。

年金額は

夫の死亡日の前月までの第1号被保険者(任意加入被保険者を含む)としての被保険者期間について、老齢基礎年金の計算方法により計算した額の4分の3とされています。