A13.

居住用の建物が建っている土地(住宅用地)については、その税負担を特に軽減する必要から課税標準の特例措置が設けられています。(住宅用地に対する課税 標準の特例)そのため、居住用の建物が建っている土地とそうでない土地(さら地、駐車場、事務所・店舗敷地など)では、税金が違ってきます。