A20.

新築、増築をした家屋に関しては、税務課職員が調査に伺い、建物の構造、各部屋の間取り、内壁、床、天井等の内装資材、トイレ、キッチン、風呂等の設備を調査し総務大臣の定める固定資産評価基準に基づいて価格(評価額)を算定します。