振り込め詐欺などの被害金を被害者に返すための「振り込め詐欺救済法」 (※)が、平成20年6月21日から施行されました。この法では、被害回復に至るまでの手続きがホームページ上での公告に限定されているため、パソコンを 使わない高齢者等、被害者が気づかないことが考えられます。

法では、「金融機関は、被害者に対し、必要な情報の提供その他の措置を適切に講ずる」よう求めていますので、被害者から被害に関する連絡があれば、銀行 は被害金分配に至るまでの手続きについての情報を提供してくれます。被害に遭われた方は、まずは警察や銀行に相談してください。

※ 法の正式名称は「犯罪利用預金口座等に係る資金による被害回復分配金の支払等に関する法律」です。

金融庁ホームページ
金融庁ホームページ内「振り込め詐欺救済法について」