かたり調査について

「かたり調査」とは、国民生活基礎調査であるかのような、紛らわしい表示や説明をして、

世帯の方から個人情報等を詐取する行為のことです。

「かたり調査」は、統計調査の実施を妨げるだけでなく、詐欺やその他の犯罪にも繋がり

かねないので、ご注意ください。

 

過去に、国民生活基礎調査の調査員をかたり、「調査のため家族構成を教えてほしい」という内容を

電話で問い合わせるという事例が発生しております。

国民生活基礎調査では電話や電子メールによる調査内容の問い合わせは行いません。

 

○必ず調査員が世帯に訪問します

 

○統計調査員ではない代理の者が世帯に訪問して調査を行うことはありません。

 

○統計調査員は必ず調査員証を携帯しています。

 

○電話や電子メールでの問い合わせはしません 

 主な事例

・国勢調査を行っているとの電話が一般の世帯に対してあり、

取引先の銀行や1,000万円以上の預金があるかどうかを聞かれた。

(国勢調査には預金・収入等に関する調査事項はありません)

 

・「総務省統計局の〇〇」と名乗る男性から一般の世帯に対して電話があり、

「消費統計に関する調査を行っている」と説明した上で、一人暮らしかどうか(家族構成)、

年齢、介護保険に関する状況などについて聞かれた。

家族構成や介護保険について答えたところで、男性から一方的に電話を切られた。

 

・統計調査員に成りすましたものが調査対象世帯を訪問し、調査関係書類である家計簿の提出を要求。

いつも訪問する調査員と異なる旨を訪ねると、代理で回収していると答えたため、提出してしまった。

(その後、正規の統計調査員が当該世帯を訪問し、「かたり調査」であることが発覚)  

アドバイス

国や地方公共団体の職員、統計調査員等が、電話や電子メールで統計調査の依頼をしたり、

個人や世帯の情報を調査することは絶対にありません。

 

ただし、以下の場合、国や地方公共団体の職員(総務省統計局、独立行政法人統計センター、都道府県、

市区町村)、統計調査員、または国等から業務を受託した民間の調査機関からお電話をする場合があります。

 

〇調査票を提出していただいた後、記入内容に不明な点があるため、確認をする場合

〇すでに郵送や統計調査員の訪問により調査のお知らせ・お願いをしているが、

期限までに調査票の提出が確認できないため、提出を再度お願いする場合

(この場合でも、個人や世帯の情報を電話で聞き取ることはありません)

 

 

葛城市の相談窓口はこちら
奈良県の相談窓口はこちら