公益通報者保護法とは

 近年、事業者内部からの通報(いわゆる内部告発)を契機として、国民生活の安全や安心を損なうような企業不祥事が相次いで明らかになりました。

このため、そうした法令違反行為を労働者が通報した場合、解雇等の不利益な取扱いから保護し、

事業者のコンプライアンス(法令遵守)経営を強化するために、公益通報者保護法が平成18年4月に施行されました。

 

同法は、公益のために通報を行った労働者に対する解雇等の不利益な取扱いを禁止する法律です。 

 

公益通報の通報先・相談先行政機関検索

 

 

公益通報者保護制度相談ダイヤル

電話番号(03)3507-9262

受付時間平日 9時30分~12時30分、13時30分~17時30分