電気ストーブや電気こたつの火災について

冬季は電気ストーブや電気こたつによる火災が最も多く発生する時期です。 

消費者庁に寄せられた事故事例を見ると、電気暖房機には裸火がないため

火災は発生しにくいだろうという油断や誤解があり、電気ストーブや電気コタツで

洗濯物を乾燥させていたり、ヒーターに布団や座椅子が接触していたりして、火災が発生していました。

電気ストーブや電気コタツの使用にあたっては、火災につながる危険性の高い、

以下のような点に注意しましょう。

 

    • (1)就寝時、外出時やその場を離れるときは電源を切り、電源プラグをコンセントから抜いておきましょう。
    • (2)洗濯物の乾燥等には使用しないようにしましょう。
    • (3)スプレー缶やライター等を近くに置かないようにしましょう。
    • (4)ヒーター部分のお手入れをして、ほこりやごみが付着したまま使用しないようにしましょう。
    • (5)壁や燃えやすいものから離して使用しましょう。
    • (6)布団や座布団、座椅子をこたつの中に押し込まないようにしましょう。