市民の皆さんへのお願い ~確かな情報に基づき、冷静な行動を~

 国内での新型コロナウイルス感染症拡大に伴う、不安や偏見から感染者やその家族等への誹謗中傷やいじめ、差別的な対応といった人権侵害が起きています。
わたしたちは、目に見えないウイルスや経験したことのない感染症に不安やおそれを感じ、遠ざけたいという心理から、感染症に関わる人を不必要に避けようとするなど、差別的な行動をとってしまうことがあります。
さらに、こうした行動から起こる人権侵害は、その人を深く傷つけることに留まらず、自らの感染が疑われる場合であっても、差別をおそれ受診をためらうことにつながり、結果的に感染が拡大するという負の連鎖を引き起こしかねません。
新型コロナウイルスに感染した方、治療にあたられている医療関係者、社会機能の維持にあたられている方やその家族、外国人等に対して、不当な差別、偏見、いじめ、SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)等における誹謗中傷があってはなりません。
偏見や差別的な言動に同調せず、不確かな情報に惑わされることのないよう、政府や県・市などの公的機関が発信する確かな情報に基づいて、一人ひとりが冷静に行動することで負の連鎖を断ち切りましょう。
市民の皆さんの御理解と御協力をお願いします。

関連ページ

 日本赤十字社<外部リンク>

  新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!~負のスパイラルを断ち切るために~

新型コロナウイルスに関連する情報

人権に関する相談窓口

  • 葛城市 人権相談
  • 法務省人権擁護局では、不当な差別やいじめ等の様々な人権問題についての相談を受け付けています。

   ○ みんなの人権110番(全国共通人権相談ダイヤル)<外部リンク>

     TEL 0570-003-110(平日午前8時30分から午後5時15分まで)

   ○ 子どもの人権110番<外部リンク>

     TEL 0120-007-110(平日午前8時30分から午後5時15分まで)

   ○ 女性の人権ホットライン<外部リンク>

     TEL 0570-070-810(平日午前8時30分から午後5時15分まで)