A4.

 公的年金を受給される方の納税の便宜(納税に出向く必要がない、納め忘れがない等)を図るとともに、徴収の効率化を図るために実施されています。