A5.

 公的年金を受給されている65歳以上の方で年金所得に係る住民税が課税される方は原則として年金引き落とし(特別徴収)の対象となります。本人による納付方法の選択は認められていません。