B型ウイルス性肝炎及びC型ウイルス性肝炎は、インターフェロン治療、及び核酸アナログ製剤治療が奏功すれば、ウイルスを制御し、その後の肝硬変や肝がんといった重篤な病態を防ぐことが可能な疾患です。
奈良県ではインターフェロン治療、及び核酸アナログ製剤治療費用に関して助成事業を行っています。

詳しくはリンク先の奈良県ホームページこちらをご覧ください。

 

問い合わせ先

この助成制度の詳しい内容や、申請の手続方法等に関しては、下記へお問い合わせください。 

奈良県中和保健所 (橿原総合庁舎内)
TEL:0744-48-3037