接種対象者

 小学校6年生から高校1年生までの女子

接種の積極的勧奨の差し控えについて

 平成25年6月14日付けで厚生労働省が、「子宮頸がん予防ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛が子宮頸がん予防ワクチン接種後に特異的に見られたことから、同副反応の発生頻度がより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきでない。」と通知がありました。

 国からの通達では、今後早急に調査すべきとされた副反応症例について調査し、副反応の発生頻度などがより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間の一時的な措置となっています。

 この通知は、子宮頸がん予防ワクチンの定期接種を中止するものではありませんが、ワクチンを接種される方は、その有効性と接種による副反応が起こるリスクを充分に理解した上で受けるようにしてください。

 

 詳しくは、厚生労働省ホームページをご覧ください。