接種期間

 2019年5月1日(水曜日)から2020年3月31日(火曜日)まで

  • この期間に接種できなかった場合、この後の接種は任意接種扱い(全額自己負担)となりますので、接種を希望される方はこの期間内での接種をお勧めします。

接種対象者

 年度内に65歳・70歳・75歳・80歳・85歳・90歳・95歳・100歳になる方を接種対象者とする国の施策が、経過措置として当初2019年3月末までとされていましたが、2024年3月末までの5年間延長されることになりました。また、2020年3月末までに限り、100歳以上の方も対象となります。

 2024年度以降に対象となる方の年齢は未定のため、接種を希望される場合は対象年度の期間内に接種されることをお勧めします。

 

下記の1から3、すべてに当てはまる方です。

 1.   本市に住民票のある方

 2.   過去に23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチンの接種を受けたことがない方

 3.   下記の生年月日に該当する方

年 齢

対 象 生 年 月 日

65歳

昭和29年4月2日から昭和30年4月1日生の方

70歳

昭和24年4月2日から昭和25年4月1日生の方

75歳

昭和19年4月2日から昭和20年4月1日生の方

80歳

昭和14年4月2日から昭和15年4月1日生の方

85歳

昭和  9年4月2日から昭和10年4月1日生の方

90歳

昭和  4年4月2日から昭和 5年4月1日生の方

95歳

大正13年4月2日から大正14年4月1日生の方

100歳以上

大正 9年4月1日以前に生まれた方

 

 葛城市では、毎年4月下旬にその年度に接種対象となる方へ案内ハガキを送付しています。

 ただし、案内ハガキが届いた方でも、過去に23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチンの接種を受けたことがある方は定期予防接種の対象になりません。ご了承ください。

 

  また、上記の生年月日に当てはまらなくても、上記の1と2および下記の条件にあてはまる方も接種対象者となります。

  • 接種当日60歳以上65歳未満の者であって、心臓、腎臓又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極端に制限される程度の障害を有する者及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する者。

 該当される方は、身体障害者手帳の写しや医師の診断書などを持参し、事前に新庄健康福祉センターまたは當麻保健センターにお越しください。

接種方法および市外医療機関で接種を希望されるとき

 葛城市内医療機関で接種する場合・・・

  • 接種する医療機関に直接予約をとって、接種してください。
    接種当日には、健康増進課から送られてきた案内ハガキ、自己負担金、保険証が必要です。

 

 葛城市以外の医療機関で接種する場合(県内)・・・

  • 接種する前に、新庄健康福祉センターまたは當麻保健センターに、健康増進課から送られてきた案内ハガキ、自己負担金を持参し手続きをしてください。
    なお、接種者本人かご家族ではない方が申請にこられる場合は、2枚目の委任状は接種者本人による記入が必要です。

   定期予防接種承認書交付申請書 [207KB pdfファイル]

自己負担金

 2,500円

  • ただし、生活保護法による被保護世帯の方は免除されますので、接種する前に、新庄健康福祉センターまたは當麻保健センターに案内ハガキをご持参のうえ手続きをしてください。
    なお、接種者本人かご家族ではない方が申請に来られる場合は、1枚目の同意書欄と2枚目の委任状は接種者本人による記入が必要です。

   高齢者肺炎球菌予防接種一部負担金に係る免除申請書 [118KB pdfファイル]

 接種医療機関 

   

医療機関 住所 電話番号
 板橋医院 北花内749-1 (69)5781
 鵜山医院 新庄16 (69)2070
 かつらぎクリニック 北花内616-1 (69)0801
 小泉医院 新庄119 (69)2501
 下村医院 當麻40-2 (48)2522
 関谷外科胃腸科 北花内692 (69)7800
医療機関 住所 電話番号
 玉井医院 長尾94 (48)6086
 堀内医院 忍海338-4 (62)2958
 ますだ診療所 八川113ー1 (48)0023
 安田クリニック 疋田227-10 (69)7900
 山本医院 八川153-1 (48)1231