70歳以上の方は、保険証と別に「国民健康保険高齢受給者証」が交付されます。

高齢受給者証は70歳になる誕生月の翌月(誕生日が1日の場合は当月)から適用となります。医療機関にかかるときは、国民健康保険被保険証とあわせて提示してください。

 

※65歳以上で一定の障害があり認定を受けられた方は後期高齢者医療を選択することができます。
75歳以上の方は、「後期高齢者医療」のページへ

注意:一部負担金が、1か月の自己負担限度額を超えた場合は、申請により、超えた分が高額療養費として支給されます。 

70歳から74歳の方の負担割合

 70歳から74歳の方の窓口負担は、下記の表のとおりです。

 

所得区分 負担割合

一般

低所得者Ⅰ

低所得者Ⅱ

2割
現役並み所得者 3割