療養の給付

 病気やケガをしたとき、保険医療機関(病院、診療所等)にその医療費の一部(一部負担金)を支払うだけで、診療を受けることができます。

医療費の自己負担割合

  1. 0歳から義務教育就学前の乳幼児(※)は医療費の2割
  2. 義務教育就学後から69歳は医療費の3割
    ※ 義務教育就学前の乳幼児とは6歳に達する日以後の最初の3月31日以前の者
  3. 70歳以上は誕生日や所得に応じて医療費の1~3割

療養費

療養費の給付

 次のようなときで医療費の全額を支払った場合は、国保に申請すると、保険で認められた部分については、あとで支給されます。
医療費を支払った日の翌日から2年を経過すると時効となり、支給されませんのでご注意ください。

申請に必要なもの

上記に加え、下記のものが必要です。

こんなとき 申請に必要なもの
1 急病など、緊急その他やむを得ない理由で、医療機関に国民健康保険被保険証を提示できなかったとき ・診療内容の明細書
・領収書
2

海外旅行中などに国外で診療を受けたとき(海外療養費)

※治療目的で渡航をした場合には対象となりません。

・診療内容の明細書
(日本語の翻訳文が必要)
・領収明細書
(日本語の翻訳文が必要)

・領収書
・国外で診療を受けた方のパスポート

3 接骨院にかかったとき(注1)
※接骨院・整骨院(柔道整復師)のかかり方 [251KB pdfファイル]
・施術内容と費用の明細がわかる領収書等
4 医師が治療上、マッサージやはり、きゅうを必要と認めたとき

・施術内容と費用の明細がわかる領収書等
・医師の同意書

5 コルセットなどの補装具を購入したとき

・医師の意見書及び装着証明書
・領収書

・補装具の内訳明細書

 (領収書に記載されている場合は不要)

6 輸血のための生血の費用を負担したとき(親族から血液を提供された場合を除く) ・医師の理由書か診断書
・輸血用生血液受領証明書
・血液提供者の領収書

(注1)ただし、国保を取り扱う接骨院で施術を受けた場合、通常は医療機関と同様に一部負担金のお支払いですみますので、手続きは不要です。