国民健康保険、後期高齢者医療制度又はその他の医療保険に加入されている世帯で、自己負担額が高額になった世帯に介護保険の受給者がいるとき、医療保険と介護保険の両方の自己負担額を 合算し、その年額の限度額を超えた場合に超えた分を支給します。計算期間は、毎年8月1日から翌年7月31日までです。

 

70歳未満の被保険者がいる世帯の方へ

平成26年8月1日以降の限度額が変わります。

改正前 H26.8~H27.7 H27.8~

所得区分

限度額 所得区分 限度額 所得区分 限度額

上位所得者

(基礎控除後の総所得金額等が600万円超え)

1,260,000 基礎控除後の総所得金額等が901万円超え 1,760,000 基礎控除後の総所得金額等が901万円超え 2,120,000
基礎控除後の総所得金額等が600万円超え901万円以下 1,350,000 基礎控除後の総所得金額等が600万円超え901万円以下 1,410,000

一般所得者

(基礎控除後の総所得金額等が600万円以下)

670,000 基礎控除後の総所得金額等が210万円超え600万円以下 670,000 基礎控除後の総所得金額等が210万円超え600万円以下 670,000
基礎控除後の総所得金額等が210万円以下 630,000 基礎控除後の総所得金額等が210万円以下 600,000

住民税非課税世帯

340,000 住民税非課税世帯 340,000 住民税非課税世帯 340,000

 

 

 

70歳以上の方がいる世帯 

 

8月~翌年7月の限度額
所得区分 70歳から74歳の
方がいる世帯
後期高齢者医療制度
加入の世帯
現役並み所得者 670,000円 670,000円
一般 560,000円 560,000円
低所得者(Ⅱ) 310,000円 310,000円
低所得者(Ⅰ) 190,000円 190,000円