私たちの一生には、思いがけない病気や事故などにより 自分の力だけでは生活できなくなってしまうことがあります。生活に困窮している人 誰もが精一杯の努力をしてもなお生活していけないとき、日本国憲法第25条に規定する理念に基づいて、国が生活に困窮するすべての国民に対し、その困窮の程度に応じ、必要な保護を行い、その最低限度の生活を保障するとともに、その自立を援助する制度です。