身体障害者手帳は、身体に障害のある方が、様々な公的援護などを受けるために必要な手帳です。 障害の種類には視覚、聴覚、平衡、音声・言語、そしゃく、肢体不自由、心臓、腎臓、呼吸器、膀胱、直腸、小腸、肝臓、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能 の機能障害があり、程度により1から6級に区分されます。

申請内容 必要なもの
新規申請 身体障害者手帳の診断書は、身体障害者福祉法で指定された医師でないと書けません。
  • 申請書
  • 知事の指定した医師の診断書
  • みとめ印
  • 顔写真1枚(縦4cm×横3cm)
  • 個人番号カードまたは通知カード
  • 本人確認書類(※)
再交付申請 障害の程度が変わったり、新たに障害が生じたり、手帳を紛失または破損したときは、手帳の再交付申請を行ってください。
  • 申請書
  • みとめ印
  • 顔写真1枚(縦4cm×横3cm)
  • 身体障害者手帳
  • 個人番号カードまたは通知カード
  • 本人確認書類(※)
居住地・氏名変更 居住地、氏名が変わったときは、届け出て下さい。
  • 申請書
  • みとめ印
  • 身体障害者手帳
  • 個人番号カードまたは通知カード
  • 本人確認書類(※)
返還 本人が死亡したり、障害程度が軽くなり法別表に該当しなくなったときは、手帳を返還してください。
  • 申請書
  • みとめ印(死亡のときは、届出者の印)
  • 身体障害者手帳
  • 個人番号カードまたは通知カード
  • 本人確認書類(※)

 

 ※本人確認書類は、運転免許証等の写真付の証明書は1点、写真なしの証明書は2点必要です。