訪問介護(生活援助中心型)の利用回数が多いケアプランの届出について

 訪問介護における生活援助中心型サービスについては、利用者の自立支援・重度化防止や地域資源の有効活用等の観点から、平成30年10月より厚生労働大臣が定める回数以上の訪問介護(生活援助中心型)をケアプランに位置付ける場合は、その必要性をケアプランに記載するとともに、市町村への届出が必要となりました。

1.届出が必要となる回数

 訪問介護(生活援助中心型のみ)の回数(1月当たり)

要介護度 要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
回  数 27回以上 34回以上 43回以上 38回以上 31回以上

 (注)身体介護に引き続いて生活援助を提供するサービスについては対象となりません。

2.提出書類

 ・訪問介護(生活援助中心型)の回数の多い利用者について居宅サービス計画書の届出書.pdf [32KB pdfファイル] 

 ・サービス利用票及び別表

 ・アセスメント表

 ・サービス担当者会議記録

 ・訪問介護サービス計画書

3.提出の期日

 居宅サービス計画を位置付けた月(プラン開始月)の翌月末日まで

【提出先】

  〒639-2197 奈良県葛城市長尾85番地

  葛城市役所 長寿福祉課 介護保険係