戦没者等の死亡当時の遺族のうち、令和2年4月1日時点で、公務扶助料や遺族年金などを受ける人がいない場合に、額面25万円、5年償還の記名国債が支給されます。

 

支給対象者

次の順番による先順位の遺族1人
(1)戦傷病者戦没者遺族等援護法による弔慰金の受給権を取得した方
(2)戦没者等の子
(3)戦没者等の死亡当時生計関係を有しており、かつ戦没者等と氏が同じである
①父母 ②孫 ③祖父母 ④兄弟姉妹
(4)前記(3)以外の ①父母 ②孫 ③祖父母 ④兄弟姉妹
(5)前記(1)から(4)以外の遺族で、戦没者等の死亡時まで引き続き1年以上の生計関係を有していた

        三親等内の親族

支給内容

額面25万円、5年償還の記名国債

請求期限

令和5年3月31日

請求窓口

社会福祉課

第11回特別弔慰金特設窓口の開設について

 以下の日程で、特別弔慰金特設窓口を開設いたします。

令和2年5月27日(水) ~ 6月26日(金) 新庄庁舎1階市民ホール

令和2年7月1日(水)   ~ 7月21日(火) 當麻庁舎1階市民相談室

※受付時間 9時30分 ~ 16時(12時 ~ 13時を除く)