當麻文化会館

 イベント情報はこちら

★當麻文化会館のFacebook公式アカウントができました!

    →www.facebook.com/葛城市當麻文化会館-108278734240703/

 

【重要】當麻文化会館をご利用の皆様へお知らせとお願い

   新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から休館していましたが、感染防止対策を図った上で、6月1日より貸館を再開しています。

 なお、下記のとおり、引き続き一部施設には利用制限を設けています。ご来館の皆様には、下記事項についてご理解とご協力をお願いいたします。

※今後の情勢等により、貸館業務について適宜検討してまいります。

 

《 利用を再開する施設:2階 大研修室(30名)・中研修室(18名)・小研修室(10名)(暫定定員)

                       喫茶コーナー 》

※ 上記の施設は、6月1日より貸館予約の受付をしています。

※ ただし、1回の予約受付は3件までとし、各会議室の定員は密集を避けるため、当面、従来の半分以下とします。またソーシャルディスタンス(概ね2m)を保持し、室内換気の確保をお願いいたします。

 

《 利用休止を継続する施設:ホール・控室・3階の各部屋 》

※ 上記の施設は、7月1日より利用を再開します(予約申請は6月1日から受付しています。)

※ 上記の施設の定員は、7月1日より当面の間、次のとおりとします。

  ホール(100名)・楽屋(5名)・控室(10名)・音楽室(20名)・セミナー室(22名)・メディアルーム(15名)

    調理実習室(20名)・和室(10名)・創作室(17名)・陶芸室(10名)

※ ただし、1回の予約受付は3件までとします。

 

【ご利用・ご来館される方へのお願い】

  1. 使用人数が、各部屋上記定員以内であること。

  2. 県内の申請者(主催者)の貸館であり、参加者も県内の方であること。

  3. 三つの密(密閉、密集、密接)の発生が原則想定されないこと。

   (ステージならびに客席、各部屋において、お互いの距離を最低でも2m空けること。)

  4. 大声での発声、歌唱や声援、又は接近した距離での会話等が原則想定されないこと。

  5. その他、必要に応じて、適切な感染防止対策が講じられること。

     ・入場者の制限や誘導。

     ・手指の消毒設備の設置。(机や椅子等の備品を使用した場合、使用後の消毒なども含む。)

     ・出演者及び参加者のマスク着用。

     ・定期的な換気の確保(ホールについては、各ドアを全開にしてください)

  6. 発熱、咳、全身痛などの症状がある人が参加しないこと。

  7. 主催者において、当日の使用者名簿(名前・住所・電話番号)を作成しておくこと。

   (感染者が発生した場合など、保健所等公的機関への提出が必要になります。)

  8. 施設内での飲食は禁止します。(水分補給のみ可)

  9. マスクや手袋など身につけたものは持ち帰ること。

 

 ※ 上記条件での使用になりますが、施設使用料に変更はありません

 ※ 詳しくは、當麻文化会館までお問合せください。 

 

● 生涯学習 移動講座について

 令和2年度『移動講座』の、8月1日以降開催分の受付を、7月1日より開始しています。

 しかし、いまだ感染の不安が続く中です。移動講座申請の際には、学習内容の確認や、使用予定の公民館施設における三密(密閉・密集・密接)回避対策を事前に十分考えていただきますようお願いします(下記事項を必ずお守りください)。

  ※ マスクの着用(参加者全員)

  ※ 検温の実施(37.5度以上の発熱のある方および体調の優れない方は、参加をご遠慮ください)

  ※ 手洗いの励行、および手指消毒の徹底(参加者全員)

  ※ 出席名簿の作成(氏名、連絡先、体温)

  ※ 窓を開け、換気を確保してください

  ※ ソーシャルディスタンスの確保

  ※ 使用後の施設の清掃および消毒

施設案内

所在地

 住所 葛城市竹内256-9

 電話 0745-48-5000

 FAX 0745-48-7411

 メールアドレス taima-bunkan@city.katsuragi.lg.jp

 利用時間 午前9時から午後10時

      ※ただしホールの利用は午後9時までとします。

 休館日 毎週火曜日・第2/4水曜日、12月28日から翌年1月4日まで

 

施設概要

 建築面積  155,344平方メートル

 延床面積  地下 273平方メートル

       1階 1,432平方メートル

       2階 692平方メートル

       3階 991平方メートル

       P.H階 21平方メートル

 構造  R.C造、地下1階、地上3階(一部S造平家建)

 

設備概要

 ホール 客席500席(固定席372席、移動席128席)

 2階  大研修室、中研修室、小研修室

 3階  音楽室、セミナー室、調理実習室、創作室、和室、陶芸室、団体交流室

 

貸施設使用料

 

※ホールについては、ボーダーライト一列、楽屋の利用を含む。

※音楽室及びセミナー室の設備の利用は含まない。

各部屋利用可能人数表(赤文字は感染症対策下の定員)
    通常時の定員

感染症対策下の定員

(7/1~当面の間)

1階 ホール   500名 100名
  楽屋 8名 5名
  控室 16名 10名
2階 大研修室 78名 30名
  中研修室 36名 18名
  小研修室 18名 10名
3階 音楽室 40名 20名
  セミナー室 36名 22名
  メディアルーム 22名 15名
  調理実習室 35名 20名
  和室 20名 10名
  創作室 24名 17名
  陶芸室 20名 10名

 

 

注意事項

・リハーサル等のためホールの舞台のみ使用する場合は、本表のホール使用料の5割、準備の時は4割に相当する額とする。

・利用者が市外の者である場合は、本表の5割を加算した額とする。

・入場料を徴収する場合とは、次の場合をいう。

  1.  会費を徴収する場合。
  2.  会員制度により会員を招待する場合。
  3.  商品等の売上高により招待券を発行する場合。
  4.  その他、これに準ずる場合。

・利用者が後始末等の事由によりやむを得ず許可期間を超える場合は、施設使用料の1時間当たりの使用料を納付しなければならない。

  1.  時間の計算は、30分を超えるものについては1時間を限度として計算し、それを超えるものについては次の区分の使用料を納付しなければならない。
  2.  ただし、午後9時を超えるものについては原則使用を認めない。

・商品の展示販売や営業の宣伝のために使用する場合は、本表の5倍に相当する額とする。

 

利用申請

ホール及び付属設備を利用する場合は、利用日の6ヶ月前から7日前まで、またそれ以外の施設及び設備を使用する場合は、利用日の3ヶ月前より申請書を、當麻文化会館受付まで提出してください。

 

7月の休館日

  7日(火曜日)・8日(水曜日)・14日(火曜日)・21日(火曜日)・22日(水曜日)・28日(火曜日)

 

8月の休館日

  4日(火曜日)・11日(火曜日)・12日(水曜日)・18日(火曜日)・25日(火曜日)・26日(水曜日)