児童手当の各種届出について

下記のような変更があったときは、15日以内に手続きが必要です。

(各種届出用紙は葛城市役所子育て福祉課にあります。)

 

出生・転入等により新たに受給資格が生じた場合

 →「認定請求書」の提出

  • 請求者の保険証の写し
  • 請求者名義の普通預金通帳又はキャッシュカードの写し
  • 個人番号カード(請求者、配偶者など)
  • 印鑑(認印で可)

をお持ちください。

 

※父も母も子どもを監護している場合には、生計を維持する程度の高い方が受給資格者(請求者)となります。所得が同程度の場合は、子どもをどちらが扶養しているか、どちらの健康保険に加入しているかなどを総合的に判断して受給者を決定します。

 

葛城市外に転出されるとき

 →葛城市役所には「受給事由消滅届」、新しい市町村へは「認定請求書」の提出

(手続きが遅れますと、遅れた分の手当が受けられなくなります。)

 

出生などにより支給対象となる子どもが増えたとき

 →「額改定認定請求書」の提出 
 

支給対象となる子どもが減ったとき

 →「額改定届」の提出 
  

支給対象となる子どもがいなくなったとき

 →「受給事由消滅届」の提出 
 

受給者が公務員になったとき

 →葛城市には「受給事由消滅届」、勤務先へは「認定請求書」の提出 
 

葛城市の中で住所が変わったとき、又は養育している子どもの住所が変わったとき

 →「住所変更届」の提出

受給者と子どもの住所が異なる場合は「別居監護申立書」の提出とともに、子の属する世帯の住民票謄本(葛城市以外に子どもが住んでいる場合のみ)が必要です。

 

受給者または養育している子どもの名前が変わったとき

 →「氏名変更届」の提出

 

振込口座を変えるとき

 →「支払金融機関変更届」の提出
請求者名義の支払希望金融機関の通帳の写しが必要(配偶者や子ども名義の通帳は不可)

支払月の前月末までに届出してください。

 

受給者が死亡したとき

 →「未支払児童手当請求書」「新規認定請求書」の提出

受給者が死亡したとき、未支払の手当は児童に支払います。児童名義の通帳を持参してください。

※例えば、月末に受給者である児童の父が死亡した場合、その翌日から15日以内に児童の母が認定請求を行えば、死亡の翌月から同一対象児童への手当を支給できます。(新しく受給者になる方の保険証と通帳かキャッシュカードの写しが必要です。)