春季企画展『竹内街道の成立 -大道を置く-』

会 期:平成25年4月27日(土曜日)から平成25年6月30日(日曜日)

講演会:平成25年5月11日(土曜日)午後2時から

    「推古天皇の道路政策」

    講師:近江俊秀氏(文化庁文化財部記念物課)

 

    平成25年6月15日(土曜日)

    「竹内街道と横大路」

    講師:和田 萃氏(京都教育大学名誉教授)

 

    ※上記のとおり、講演会を実施しました。

開催にあたって

 『日本書紀』推古天皇二十一年(613)冬十一月条には、「難波より京に至るまでに大道を置く」という一文が登場します。この「大道」とは、現在の竹内街道であると考えられています。

 今年は、この記事より数えて1,400年の記念の年にあたります。その節目の年に際し、竹内街道を取り上げ、考える機会を持ちたいと思います。

 まず、『日本書紀』に記された「大道」に焦点を当て、それが成立した経緯などについて整理をおこない、関連する考古資料をとおして紹介いたします。

 次に、この道が周辺地域にどのような影響を与えたのか、道を通じてどのようなモノが、どのような手段によって運ばれたのかについても、紹介したいと思います。

 今回の企画展をとおして、竹内街道に対する理解を深めていただければ幸いです。 

展示構成

1.京と難波を結ぶ

2.モノを運ぶ

3.街道がもたらしたもの

主な展示品

雷丘東方遺跡 墨書土器(「小墾田」墨書土器) 明日香村教育委員会

市場遺跡   木製扉 大和高田市教育委員会

下ツ道東側溝 出土遺物 橿原市教育委員会

竹内遺跡   出土資料(本館)

三ツ塚古墳群 漆塗り革袋 奈良県立橿原考古学研究所(※展示は、5月26日まで)

平林古墳   画文帯四仏四獣鏡 奈良県立橿原考古学研究所附属博物館

小立古墳   車輪 桜井市教育委員会

下田東遺跡  鞍 香芝市教育委員会

など

奈良県立民俗博物館 所蔵資料

本館所蔵資料