冬季企画展『農家の四季 -祭礼と耕作図-』

農家の四季

会 期:平成26年1月25日(土曜日)から3月16日(日曜日)

休館日:毎週火曜日、第2・4水曜日

観覧料:一般 200(160)円、高校・大学生 100(80)円、小・中学生 50(40)円

    ※()は、20名以上の団体料金

    ※その他、歴史博物館については、こちらから。

開催にあたって

 高度成長期以降、人びとの暮らしは大きく変化しました。その変化は、生業や衣食住のありかたを大きく変えるものでした。その中で、それ以前の暮らしぶりなど、急激に私たちの記憶から失われつつあります。

 本企画展では、過去の暮らしの中から、奈良盆地におけるおもな生業であった農業(稲作・畑作)に注目し、葛城市内に残る「四季耕作図」や、かつて使用されていた農具をとおして、先人たちの知恵や苦労、農業にこめられた祈りを振り返りたいと思います。

 小学校3年生の授業などにも、是非お役立てください。      

展示構成

 1.四季耕作図

 2.農具

 3.祭礼

展示品

 四季耕作図屏風(本館寄託品)

 四季耕作図絵馬(磐城小学校蔵)

 各種農具(本館蔵)