平成26年度夏季企画展

会 期:平成26年7月19日(土曜日)から8月31日(日曜日)

休館日:毎週火曜日、第2・4水曜日

観覧料:一般 200(160)円、高校・大学生 100(80)円、小・中学生 50(40)円

    ※()は、20名以上の団体料金

    ※その他、歴史博物館については、こちらから。

開催にあたって

  今回、出品される三十六歌仙板絵馬は、柿本人麻呂や小野小町など、古くから有名な36人の歌人たちの和歌とその肖像画が、墨書や彩色により木板(30cm× 25cm)に描かれたものです。

 板裏の墨書から宝永六年(1709 年:江戸時代中期)に制作され、現在も秋祭りの夜、南今市区の「えんま講」と称される講員の方々により、区の西方にある伊邪那岐神社拝殿の板間にこの絵馬を立て並べ、奉納されています。

 年に1度、祭りの夜のわずか数時間だけ奉納される、珍しい行事で、普段、目にすることの少ないこの貴重な絵馬のすべてを、所蔵者さま方のご協力により特別に展示を行い、皆さまにご紹介いたします。 

主な展示品

  • 三十六歌仙板絵馬