古代忍海の渡来人を探る

会 期:平成27年5月2日(土曜日)から6月28日(日曜日)

休館日:毎週火曜日、第2・4水曜日

観覧料:一般 200(160)円、高校・大学生 100(80)円、小・中学生 50(40)円

    ※()は、20名以上の団体料金

    ※その他、歴史博物館については、こちらから。

記念講演会

     ●5月9日(土曜日)午後2時から

      「古代忍海の渡来人を探るー葛城市寺口忍海古墳群ー」

       講師:千賀 久(当館館長)

     ●5月23日(土曜日)午後2時から

      「大和の渡来人と古墳」

       講師:関川尚功氏(元橿原考古学研究所所員)

     ●6月13日(土曜日)午後2時から

      「葛城地域の古代鍛冶工人」

       講師:真鍋成史氏(交野市役所)

     会場:歴史博物館2階「あかねホール」

     定員:200名(要申し込み)

     入場:無料

開催にあたって

  葛城山麓公園(葛城市寺口)は、桜をはじめ四季の花が楽しめる公園として、多くの家族連れでにぎわいます。この公園の造成工事にともなう1984年から86年の発掘調査では、墳丘の上半部が削平された多くの古墳が見つかりました。それらを含めた寺口忍海古墳群には、総数200基ちかくの古墳が造られたと想定できます。

 調査された古墳のなかには、5世紀後半の初期横穴式石室の特徴をもつものがみられ、朝鮮半島からの舶載品や鍛冶具を副葬する古墳とともに、鍛冶生産で排出される鉄滓を供献した古墳が含まれることから、朝鮮半島からの渡来人、そして鍛冶集団と関わりの深い群集墳であることがわかりました。さらに、その麓に位置する脇田遺跡では、5・6世紀ごろから鍛冶生産が開始されていて、集落と墓地の対応関係も想定できるようになってきました。

 『日本書紀』には、葛城氏の祖、葛城襲津彦が朝鮮半島から連れ帰った人たちを、四地域に定住させたと伝えていて、そのなかに忍海の地名がみられます。

 今回の企画展では、寺口忍海古墳群の調査成果を中心に紹介し、そこから忍海の渡来人の実態についてアプローチしたいと考えています。 

展示構成

 1.葛城山麓の群集墳

 2.寺口忍海古墳群の調査

 3.主要古墳の変遷

 4.渡来系鍛冶集団の墓地

 5.古代忍海の渡来人

主な展示品

  • 葛城市寺口忍海古墳群出土品

  ほか