「村の鍛冶屋」

会 期:平平成28年1月23日(土曜日)~3月13日(日曜日)

場 所:歴史博物館1階「特別展示室」

観覧料:一般 200(160)円、高校・大学生 100(80)円、小・中学生 50(40)円

    ※()は、20名以上の団体料金

    ※その他、歴史博物館については、こちらから。

 

行 事:講演会を実施いたします。

   【第1回】

       「鉄の考古学入門 -古墳時代の製鉄と鍛冶生産を考える-」

    日 時:平成28年1月31日(日曜日

        午後2時から

    講 師:千賀 久(当館館長)

 

   【第2回】

      「奈良県の鍛冶屋さん」

    日 時:平成28年3月12日(土曜日)

        午後2時から

    講 師:横山浩子氏(奈良県立民俗博物館 学芸係長)

 

    入 場:無料

    募 集:200名程度(要申込み)

    申込先:歴史博物館(電話:0745-64-1414)

開催にあたって

 高度成長期以降、人びとの暮らしは大きく変化しました。その変化は、人びとが使用する道具のありかたも大きく変えるものでした。二十一世紀を迎えた現在、高度成長期以前の人びとの暮らしの様子は、急速に私たちの記憶から消え去り、遠い過去のものとなりつつあります。
本企画展では、そんな忘れられつつある過去の暮らしのなかで使われていた道具(農具)に注目し、紹介いたします。
なかでも特に、様ざまな道具(農具)の製作者であった「農鍛冶(村の鍛冶屋)」に焦点をあて、その仕事道具を通じて、先人たちの知恵や苦労をふりかえることにしたいと思います。
かつて人びとに身近な存在でありながら、現在ではほとんど見ることのできなくなった「農鍛冶」の仕事ぶりに思いを馳せていただければと思います。

展示構成

1.農鍛冶(のかじ)

2.様ざまな道具

主な展示品

・鍛冶道具一式(奈良県立民俗博物館蔵)

・むかしの農具

 など