会期:2011年1月22日(土曜日)から3月13日(日曜日)

会場:歴史博物館特別展示室

関連行事

下記のとおり講演会を実施いたしました。

2月12日(土曜日)「郷土玩具の歴史と民俗 -信仰から娯楽へ-」講師:藤森寛志氏(和歌山県立紀伊風土記の丘学芸員)

開催にあたって

現代の子どもたちの多くは、携帯ゲーム機などで遊ぶことが多くなってきている。しかしながら一昔前までは、日本の各地でその土地柄を反映した玩具が 作られ、子どもたちはそういった玩具で遊んでいた。これらの玩具は安価で求めやすいように、その土地でもっとも入手しやすい材料が使われるなど、素朴なも のが多かった。

こうした玩具は、素朴ななかにも、親の子を想う願いや、子どもの健やかな成長を願う親の祈りがこめられていたのである。こうした玩具のもつ素朴さと祈りは、現代の玩具にはみることはできない。

そこで、本企画展では、日本各地にのこされた郷土玩具を展示し、先人たちの祈りや想いを振り返る場としたい。

展示構成

1.お正月

2.どうぶつ

3.お人形

4.やまと

主な展示品

和歌山県立紀伊風土記の丘所蔵郷土玩具

泉佐野市立歴史館いずみさの所蔵郷土玩具

藤森寛志氏所蔵郷土玩具

ほか

[過去の展覧会へもどる]