夏季企画展

会期:2009年7月18日(土曜日)から8月23日(日曜日)

会場:歴史博物館特別展示室

関連行事

2009年度「葛城学へのいざない」第4・5回において関連テーマで講演会を実施いたしました。

 

 

開催にあたって

當麻曼荼羅縁起絵巻はその名のとおり、現在當麻寺にある国宝「當麻曼荼羅」がいかにして織り上げられたかを、絵と文章とで語るものです。

国宝「當麻曼荼羅縁起絵巻」は、現在、神奈川県鎌倉に所在する光明寺に所蔵されています。それを江戸時代に忠実に模写されたものが、當麻寺奥院にお さめられています。この當麻寺奥院所蔵絵巻では、国宝の縁起絵巻で失われてしまった箇所や、鮮やかな彩色などもよく残っており、国宝「當麻曼荼羅縁起絵 巻」の往時の姿をしのぶことができる貴重な資料です。

これまで一般の目に触れる機会の少なかったこの絵巻を、今回は上下巻をそろえ、全体を公開いたします。またあわせて、その関連資料も展示いたします。

おもな展示品

當麻曼荼羅縁起絵巻(上・下巻)

添状写

称讃浄土経(奈良時代)

木造中将姫坐像

ほか

展示替えについて

下記のとおり、「當麻曼荼羅縁起絵巻」の展示替えをおこないました。

7/18から8/3:上巻および下巻の一部

8/5から8/23:上巻の一部および下巻

 

[過去の展覧会へもどる]