四季耕作図の世界

会期:2008年1月26日(土曜日)から3月23日(日曜日)

会場:歴史博物館特別展示室

関連行事

「葛城学へのいざない」第11回において、企画展テーマにあわせた講演会をおこないました。

 

 

  

開催にあたって

今回の展示ではおもに明治・大正・昭和といった時代に使われていた道具を紹介してゆきます。

それらは木でできていて、人力で作業をおこなうものです。道具たちには作業の効率をあげるため、また使いやすくするための細工や工夫がたくさんなされています。

現在は動力化がすすみ、機械に頼るのが当たり前の我々には、思いもつかない発想があったことに感心させられます。

ぜひ、木製の手作り道具にふれて、少し前の田園風景に思いをはせてみてください。

展示構成

1.四季耕作図

2.農具

3.祭礼

主な展示品

四季耕作図屏風(本館寄託品)

四季耕作図絵馬(葛城市立磐城小学校蔵)

各種農具(本館・奈良県立民俗博物館蔵)

おんだ祭 祭具(長尾神社蔵)

ほか

 

[過去の展覧会へもどる]