平成28年度春季企画展「大和と河内・堺の往来」

会 期:平成28年4月29日(金曜日・祝日)~6月26日(日曜日)

場 所:歴史博物館1階「特別展示室」

観覧料:一般 200(160)円、高校・大学生 100(80)円、小・中学生 50(40)円

    ※()は、20名以上の団体料金

    ※その他、歴史博物館については、こちらから。

 

行 事:講演会を実施いたします。

   【第1回】

       「堺から葛城へ伝わった浄土真宗」

    日 時:平成28年5月15日(日曜日

        午後2時から

    講 師:岡村喜史氏(本願寺史料研究所研究員)

 

   【第2回】

      「大和と河内・堺の往来」

    日 時:平成28年5月28日(土曜日)

        午後2時から

    講 師:田中慶治(当館学芸員)

 

   【第3回】

       「大和を行き交う武士たち」

    日 時:平成28年6月11日(土曜日)

        午後2時から

    講 師:天野忠幸氏(天理大学准教授)

 

    入 場:無料

    募 集:200名程度(要申込み)

    申込先:歴史博物館(電話:0745-64-1414)

開催にあたって

 明治のはじめの一時期、奈良県は存在していなかった時期があります。明治九年(1876)に当時の奈良県は堺県に合併され、その後、大阪府に編入されました。奈良県が再設置されたのは明治二十年(1887)のことです。奈良県の再設置は、数多くの人びとの涙ぐましい努力の結果でありました。

 ところで、この奈良県再設置とは、当時の奈良の人びとの総意であったのでしょうか。竹内街道により、河内・堺と直結していた葛城地域の人びとにとっては、奈良県の再設置は、それほど利点のあるものとはいえなかったのではないでしょうか。葛城地域の人びとは、奈良(南都)よりも、河内・堺に親近感をもち、深く交流していたものと思われます。

 本企画展では、おもに江戸時代における大和、なかでも葛城を含む当時の南和地域と河内・堺の関係について、これまで知られてこなかった諸相を明らかにしたいと思います。

(開催要項より)

展示構成

 1.竹内街道

 2.大和川

 3.葛城と堺

主な展示品

・西国巡礼道中絵図(太子町立竹内街道歴史資料館蔵)

・河内国絵図(柏原市立歴史資料館蔵)

・蓮如筆六字名号(現得寺蔵)

 など