思い出の学校

会 期:平成30年1月20日(土曜日)から3月11日(日曜日)

休館日:毎週火曜日、第2・4水曜日

観覧料:一般 200(160)円、高校・大学生 100(80)円、小・中学生 50(40)円

    ※()は、20名以上の団体料金

    ※11月19日(土曜日)は、「関西文化の日」として入館無料です。

    ※その他、歴史博物館については、こちらから。

記念講演会

     ●3月10日(土曜日)午後2時から

      「思い出の学校」

       講師:田中慶治(当館館長補佐)

          

     会場:歴史博物館2階「あかねホール」

     定員:200名(要申し込み:電話 0745-64-1414)

     入場:無料 

開催にあたって

 江戸時代の寺子屋では、当時の初等教育ともいえる「よみ、かき、そろばん」を教えていました。この寺子屋でおこなわれていた教育のおかげで、江戸時代の日本人の識字率は、世界的にみても驚くほど高いものでした。学校の前身は寺子屋にはじまるといっても過言ではないでしょう。
明治時代をむかえ、明治五年(1872)には学制が発布され、近代義務教育が開始されます。その後、我が国の学校教育は、複雑な過程を経て現在にいたります。
本企画展では、教科書、文房具をはじめとする用具、制服、古写真などを通じて、学校教育がたどった様ざまな側面を振り返ることといたします。
 

展示構成

 1.寺子屋

 2.小学校・中学校

 3.教科書・ノート 

主な展示品

 ・寺子屋資料【奈良県立民俗博物館蔵ほか】

 ・教科書類【奈良県立図書情報館蔵・本館蔵ほか】

 ・古写真【本館蔵】

  ほか