発掘_葛城山麓の古墳

会 期:令和元年5月11日(土曜日)から6月30日(日曜日)

休館日:毎週火曜日、第2・4水曜日

観覧料:一般 200(160)円、高校・大学生 100(80)円、小・中学生 50(40)円

    ※()は、20名以上の団体料金

    ※その他、歴史博物館については、歴史博物館の詳細をご覧ください。

記念講演会

・5月18日(土曜日)
第1回「葛城山麓の古墳」
 講師:神庭 滋(当館学芸員)


6月8日(土曜日) 

 6月15日(土曜日)へと変更になりました。
 第2回「脇田遺跡からみた古墳時代の葛城地域」
 講師:青柳泰介氏(奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 学芸係長)
開始:いずれも14:00から

 会場:歴史博物館2階「あかねホール」

 定員:200名(要申し込み:電話 0745-64-1414)

 入場:無料 

開催にあたって

 葛城市内には、前方後円墳の屋敷山古墳をはじめ、総数800基ほどの古墳がつくられています。その多くは5・6世紀のものであり、古代豪族の葛城氏とその後継者、そして彼らをささえた集団を構成した人びとの墓と考えられます。彼らによって、この地域の隆盛の基礎が築かれたのです。
これらの古墳には、開発にともなって発掘調査され、その姿を消した古墳もあります。たとえば、10m前後の小さな古墳でも、一定地域に連続して築かれた群集墳に含まれることが多く、それらをのこした集団の性格を、古墳の内容から読みとることができるのです。そのようにして得られた情報は、葛城地域の古墳時代を考えるうえで貴重な歴史資料です。
今回の企画展は、奈良県立橿原考古学研究所附属博物館との共同企画で実施します。発掘された古墳の情報を出土品とともに紹介します。さまざまな優品資料から、葛城地域の豊かな古墳文化を再確認していただきたいと思います。

展示構成

1.葛城山麓の首長墓
2.葛城山麓の群集墳

主な展示品

 屋敷山古墳 採集埴輪(本館蔵)
寺口和田古墳群 出土品(橿原考古学研究所附属博物館蔵)
芝塚2号墳 飾り馬具(橿原考古学研究所附属博物館蔵)
太田古墳群 出土品(本館蔵)

 など