妊婦や赤ちゃんの健康状態を定期的に確認するための健診のことです。

一般的に、出産までに14回程度受診するのが望ましいとされています。

しかし、妊娠は病気ではないため、健康保険は適用されません。そこで、出産の経済的負担を軽減する制度です。

対象者

葛城市に住民票のある妊婦

利用方法

母子健康手帳の交付時に補助券(妊婦健康診査補助券)をお渡しします。補助券の妊婦記入欄に記入のうえ、受診する医療機関に出して受診してください。

県外医療機関を受診される場合には、お金をいったんお支払いください。

専用の請求書により補助範囲内で葛城市にご請求いただけます。

利用期限

妊娠判明から出産までの期間(妊娠判定検査には使用できません)

検査の内容

産科的診察(指導含)

臨床検査、尿検査、血圧測定、血液検査(血色素・梅毒・B型肝炎検査など)

超音波検査

令和元年度に補助券を交付された方へ

現在お持ちの補助券は令和元年度以降も引き続きご利用いただけます。

県外医療機関を受診されている方で、妊婦健康診査費用請求明細書をお持ちの方は令和2年4月10日(金曜日)までにご請求いただきますようお願いいたします。