鳥谷口古墳(とりたにぐちこふん)・県指定史跡

鳥谷口古墳   

説明

 二上山から東に派生する尾根の先端上に築かれたこの古墳は、昭和58年(1983)の土取り工事中に偶然に発見され、この場所の小字名から鳥谷口古墳と名付けられました。

 大きさは一辺が約7mの四角形の古墳で、埋葬施設は横口式石槨(よこぐちしきせきかく)と呼ばれる小さな石室です。

 発見後すぐに調査が行われ、7世紀後半頃に築造されたことなどが判明したものの、誰が葬られたのかをはっきりと示す遺物は発見されませんでした。

 さて二上山と言えば、大津皇子(天武天皇の第三皇子)のために姉の大伯皇女が詠んだ「万葉集」の次の歌があります。

 

うつそみの人なる我や明日よりは

 二上山を弟と我が見む

 

 

 この歌の詞書(前文)には「大津皇子の屍を葛城の二上山に移し葬る時に大来皇女の哀傷して作らす歌…」とあり、皇子の亡骸が二上山に葬られたと、記されています。

 現在、皇子の墓は二上山雄岳山頂にあるとされていますが、この鳥谷口古墳こそ、「万葉集」に記された大津皇子の墓の可能性が高いと考えられます。

所在地

葛城市染野

アクセス

近鉄当麻寺駅より西へ徒歩30分


大きな地図で見る