新庄城下町

所在地

葛城市新庄・南道穂

コメント

関ヶ原の戦いののち、紀州・若山(現:和歌山)から入部した桑山一晴が、布施氏の新城跡に陣屋および家臣の屋敷を構築するとともに、その東方に商工業者が住む新しい城下町がつくられました。元禄期に建てられた村井家住宅をはじめ、当時の面影が今も感じられる場所になっています。

実績

倉庫

所在地

葛城市竹内

コメント

通常は花の出荷作業場として利用されていますが様々な設定が可能。

実績

民家

所在地

葛城市寺口

コメント

周囲が山林と農地に囲まれており、大和平野を一望できるなど最高のロケーションである。
蔵や離れもあり控え室としての機能も備えている。

実績

酒蔵

所在地

葛城市東室

コメント

昭和初期の建築物。レトロ感が漂います。

実績

環境施設

所在地

葛城市笛堂

コメント

約2300平方メートルの敷地に太陽光発電システムや、断熱効果向上を狙った屋上緑化施設、風力発電施設などがある。

実績

牛舎

所在地

葛城市西辻、山田他

コメント

昭和初期の建築物や近代的な建築物など多くの牛舎があります。またパドックを備え付けた牛舎もあります。

実績

習慣(石川五右衛門)

所在地

葛城市北花内他

コメント

石川五右衛門の命日に12月12日と書いた札を逆さまに貼る習慣があります。

実績