當麻寺練供養会式(當麻寺) 4月14日

※平成30年(2018年)までは5月14日に開催しておりましたが、

 平成31年(2019年)以降は毎年4月14日の開催に変更となります。

 

中将姫は當麻曼陀羅を織り上げた後、29歳で生身のまま極楽浄土へ往生されました。
その様相を現したものが練供養です。
当日は境内に長い掛け橋が渡され、極楽浄土から二十五菩薩に扮した人たちが、娑婆堂に進み中将姫を蓮台に乗せて浄土へ導く、来迎引接のさまを演劇的にあらわした古い宗教行事です。

「練供養」とは [3038KB pdfファイル]

 

當麻寺についてはこちらのページをご覧ください。

 

  

交通機関について

市営當麻観光駐車場は、台数に限りがあります。可能な限り公共交通機関をご利用ください。

 

最寄り駅:近鉄南大阪線当麻寺駅から西へ徒歩約15分

 

※観光バスは、社会福祉総合ステーション(ゆうあいステーション)で乗降してください。

 観光バスの駐車はできませんので、あらかじめご了承ください。