當麻寺のお練りと白鳳文化を探る~伝統行事の心に触れ、中将姫ゆかりの地を巡るイベントを開催~

中将姫が一夜にして當麻曼荼羅を織り上げ、現身往生した様子を劇的にあらわした當麻寺練供養は1,000年以上続く伝統行事です。毎年5月14日(中将姫の命日)に當麻寺でしか見ることのできない練供養のクライマックスシーンを練供養の運営主体である菩薩講の皆さんの協力により、特別に舞台上で再現していただき、その後、中将姫ゆかりの地をボランティアガイドの解説付きで巡ります。

 

開催日:平成30年1月28日(日曜日)
主 催:葛城市観光ボランティアガイドの会
後 援:葛城市・當麻寺・葛城市観光協会・葛城市教育委員会
※この事業は、奈良県の文化資源活用補助金事業に採択されています。

 

 

チラシ・お申込書はこちら.pdf [1982KB pdfファイル] をご覧ください。

午前の部「當麻のお練り 実演・講演会」

時間

午前10時~午前11時30分 ※午前9時30分 開場

場所

當麻文化会館

参加費

無料

定員

300名

講師

當麻寺護念院住職 葛本雅崇氏  

実演

菩薩講の皆さん(勢至・観音菩薩)

 

午前の部は、申し込み不要です。誰でも自由に参加できます。

※ヒット曲「ふりむかないで」の葛城市バージョン(youtubeリンク)の歌唱披露あり

 

午後の部「お練りと中将姫ゆかりの地を巡るエクスカーション」

時間

午後0時20分~午後3時

 コース

當麻文化会館ー當麻寺ー中将姫墓塔ー高雄寺ー石光寺

集合場所

當麻文化会館 ※集合時間:正午

参加費

900円(拝観料等)

定員

150名

申し込み方法(事前申し込みが必要です)

チラシ裏面の参加申込書に必要事項を記入の上、下記までFAXもしくはお電話でお申し込みください。 ※お申し込み期限日:平成30年1月19日(金)

お申し込み先

TEL:0745-48-2811  FAX:0745-48-2302