大規模小売店舗(店舗面積が1,000平方メートルを超えるもの)の立地に際しては、交通・騒音等、周辺の生活環境に与える影響が予想されます。
このため、大規模小売店舗立地法では、大規模小売店舗の設置者(建物所有者)が周辺地域の生活環境を保持しながら運営を行うよう、必要な手続や配慮すべき事項等を定めています。市内に大規模小売店舗の新設等をする者は、奈良県へ届出をしてください。
届出書等の縦覧につきましては、本市でも縦覧できるようになりました。(平成20年5月1日以降の届出より)

 

※現在、縦覧中の届出書はありません。