【農業者向けコロナ支援】高収益作物次期作支援交付金について

 新型コロナウイルスの影響による需要の減少などにより影響を受けた高収益作物

野菜、花き、果樹、茶)について、 次期作に前向きに取り組む生産者を応援します。

 高収益作物次期作支援交付金パンフレット.pdf [365KB pdfファイル] 

交付金の対象となる生産者

 1.令和2年2月から4月の間に、野菜、花き、果樹、茶の出荷実績がある、

        または廃棄等により出荷できなかった生産者
2.収入保険、農業共済等のセーフティネットに加入している、または加入を検討している生産者

事業の内容

次期作に前向きに取り組む生産者への支援

【交付単価】
(1)基本単価 10アールあたり5万円
(2)施設栽培の花き、大葉およびわさび 10アールあたり80万円
施設栽培のマンゴー、おうとうおよびぶどう 10アールあたり25万円
  ※(2)の対象となる施設は、加温装置(空調装置)またはかん水装置がある施設で、

      いわゆる雨よけハウスは除きます。
【交付対象面積】
同一ほ場において、(1)~(8)の取組項目を2つ以上実施した面積
※交付単価(2)の施設栽培については、(8)の取組項目を選択できません。

また、80万円/10アールの交付単価の場合、(3)の取組項目を必ず実施する必要があります。 

取組累計 取組項目

 ア 生産・流通コストの削減に

   資する取組

(1)機械化体系の導入 ※購入、レンタル、

       リース(いずれも可)
(2)集出荷経費の削減に資する資材の導入

      (大型コンテナ、通い容器等の導入)

 イ 生産性又は品質向上に要する

     資材等の導入に資する取組

(3)品目・品種等の導入(栽培技術の転換等)
(4)肥料・農薬等の導入

      (転換に必要な資材導入等)
(5)かん水設備等の導入

      (品質向上に必要な機器等の導入)

 ウ 土づくり・排水対策等作柄安定        に資する取組

(6)土壌改良・排水対策の実施

      (作柄安定に資する対策の実施等)
(7)被害防止技術の導入

      (作柄安定に資する資材等)

 エ 作業環境の改善に資する取組

(8)労働安全確認事項の実施(講習会の受講等)
(8)農業機械へ安全装置の追加導入、

       ほ場環境改善・軽労化対策の導入

 オ 事業継続計画の策定の取組 (8)事業継続計画の策定等

※取組内容の詳細は、取組例(5万円/10a用)取組例(80万円/10a、25万円/10a用)をご確認ください。
複合経営の場合の対象品目、対象面積の考え方については、こちらをご確認ください。

 

事業の流れ

◆葛城市農政活性化協議会が受付窓口となり、生産者からの申請書を取りまとめて、

   事業実施主体である滋賀県農業再生協議会に報告します。

   国への申請および交付金の交付は、事業実施主体が行います。

 

提出書類

 申請書・取組事例.xlsx [35KB xlsxファイル]   書き方.pdf [929KB pdfファイル]   

 参考様式1-1から参考様式3.xlsx [31KB xlsxファイル]  取組シート5万円.pdf [118KB pdfファイル] 

 取組シート80万円 25万円.pdf [101KB pdfファイル]  農作業安全取組表.xlsx [20KB xlsxファイル] 

 

 令和2年2月から4月までの間に対象の高収益作物を出荷したことが確認できる書類(領収書・納品書等)、

 廃棄した場合は高収益作物を廃棄したことが確認できる書類(前年産の出荷実績および今年産の廃棄理由書)

 

 次期作への取組面積がわかる公的資料(令和2年度営農計画書、農地基本台帳、共済細目書 等)

提出期限

令和2年8月14日(金)

 

提出先

・葛城市農林課(TEL:0745-44-5110)※ 當麻庁舎

 

問い合わせ先

 制度の詳細につきましては、奈良県農業再生協議会HPにてご確認ください。

 www.pref.nara.jp/55800.htm<外部リンク>

 または、奈良県中部農林振興事務所 農林普及課 0744-48-3082