新庄音頭は、旧新庄町のときに作られ、夏祭りなどで歌われていました。
歌詞の全文は以下の通りです。
なお音源はありませんので、ご了承ください。

新庄音頭

前 登志夫 作詩

キダ・タロー 作曲

大垣 公光 編曲 

 

  1. 新庄通れば 葛城恋いし
    青い水湧く ふもと町
    飯豊女神の 機(はた)織りなさる
    あおい森だよ 国づくり
    ほんに 
    大和国原(やまとくんばら) 陽がのぼる
     
  2. 新庄通れば 遠世(とおよ)がまねく
    笛がきこえる 笛吹の
    人麻呂大夫さま 眠っていやる
    遠い夢だよ 恋の夢
    ほんに
    大和国原 月が出る
     
  3. 新庄通れば 葛城ひかる
    青い風吹く ふもと町
    役の行者さま 橋架けなさる
    長い橋だよ 七色の
    ほんに
    大和国原 虹が立つ
     
  4. 新庄通れば 古墳が見える
    国のまほろば 屋敷山
    布施の観音さま 見おろしなさる
    古い国だよ 雉(きじ)が鳴く
    ほんに
    大和国原 かすみひく
     
  5. 新庄通れば 当麻がちかい
    鈴がきこえる 菜の花に
    二十五菩薩さま 行きすぎなさる
    やるせないぞえ 祈り道
    ほんに
    大和国原 ひばり鳴く
     
  6. 新庄通れば 大和が恋いし
    畝傍山とは さしむかい
    神武天皇さま どこ見てなさる
    夕日まぶしかろ 葛城の
    ほんに
    大和国原 あきつ舞う
     
  7. 新庄通れば 学校がそびえ
    好きな勉強 なに習ろた
    新庄教育 きこえてござる
    日本一だよ のびる町
    ほんに
    大和国原 鐘が鳴る
     
  8. 新庄通れば 薬が匂う
    恋の願いに 何がきく
    薬売り子さま どこ行きなさる
    泪池だよ 鯉が棲む
    ほんに
    大和国原 時雨ふる
     
  9. 新庄通れば 布施城けわし
    たかい山城 霧が立つ
    布施の姫さま 山おりなされ
    紅葉するかよ 胸のうち
    ほんに 
    大和国原 黄金波(こがねなみ)
     

  10. 新庄通れば 新庄が恋いし
    あつい人情は かけねなし
    まるい環をかく 新庄音頭
    若い町だよ 町づくり
    ほんに
    大和国原 靄が散る