葛城市では、JR大和新庄駅周辺地区において平成17年度から5年間の計画で、道路、土地区画整理、広場整備等事業を進めています。

 「まちづくり交付金」は地域の歴史・文化・自然環境等の特性を活かした個性あふれるまちづくりを実施し、全国の都市の再生を効率的に推進することにより、住民の生活の質の向上と地域経済・社会の活性化を図ることを目的として、平成16年度に創設された事業です。この事業では、事前にまちづくりの目標、目標を定量化する指標とその数値目標を設定し、事業最終年度に、事後評価を行い数値目標の達成状況等の確認し、その評価結果のまとめを公表することとなっています。

 昨年の11月には、事後評価の(原案)をご覧いただき、ご意見を募集いたしましたが、意見等の受付はありませんでした。その後、まちづくり交付金評価委員会の審議を経て、事後評価結果を取りまとめ、今回、まちづくり交付金要綱に基づいて公表します。なお、数値目標を見込値として評価した指標については、平成23年6月上旬に確定値を計測するフォローアップを実施し、改めて達成状況を確認し、評価を確定する予定です。

参考

 当ホームページのほか、葛城市役所 都市整備部 都市計画課(新庄庁舎2階)でもご覧いただけます。
(窓口での閲覧は、午前8時30分~午後5時15分とし、土曜日・日曜日・祝日・年末年始[12月29日~1月3日]を除きます。)