平成29年10月15日 

 

 

 今日は、「RUN伴(らんとも2017」というイベントにお伺いしてまいりました。

 RUN伴とは、認知症の人やその家族、支援者、一般の人が、北海道から沖縄まで

 少しずつリレーをしながらタスキをつなぎ、「認知症になっても安心して暮らしていける

 まち」を目指して、地域の人たちが認知症について考える機会とするイベントです。

 葛城市のランナーは、ゆうあいステーションを出発し、香芝市へとタスキをつなぎました。

 沖縄まで無事にタスキがつながることを願っております。

 

 

 

 

 

 

過去の活動報告はこちら 平成29年度活動報告