「景観を大切にするまちづくり」に取組むため、市では現在、「葛城市景観計画」(景観の形成に関する方針を定める)策定に向けた準備を進めています。

 景観を大切にするまちづくりのあり方について、市民が大切にしたい景観や、本市の景観の課題を把握するとともに、住民が身近な景観の良さを再認識・再発見し、景観に対する市民意識の高揚を図ることにより、景観まちづくりに繋げることを目的としてワークショップを下記のとおり開催しました。

  第3回景観まちづくりワークショップでは、2回目のワークショップであげられた山麓部の視点場の中から6か所の視点場を訪れ、実際に二上・葛城山地を見て回ることで、参加者の皆さんに山麓部に関する景観について、改めて認識いただくとともに、今後の検討項目となる建築物や工作物、屋外広告物等の高さや区域、色合いなどについて考えていただきました。

 

 ・開催場所:當麻文化会館 大研修室

 ・開催日時:令和元年9月1日(日曜日)午前9時から3時間程度

   ・参加人数:23人

    ワークショップの意見等につきましては、第3回景観まちづくりワークショップの結果概要について  

 ※次回のワークショップ開催は11月頃を予定しております。

  日程が決まり次第ホームページに掲載します。

 

  第2回景観まちづくりワークショップの結果については下記リンク先からご確認下さい。

  第2回景観まちづくりワークショップの結果概要