大字名の由来

南新町は、大字新町の南に位置することからその名がありますが、行政区的には大字忍海に属しています。

南新町の町並みの成立については、大和郡山を起点に高田、東室、柿本、北花内の出花内、新町、南新町、薑、御所を経て五條に至る街道の街道筋にあたっていたことに起因し、大字名も江戸時代終わり頃以降にできたものと推定されます。

主な歴史遺産や名所

  • 袖そでの松
    (中将姫が當麻曼陀羅を織るための蓮糸を神様に祈願したところ、願いかなって忍海・角刺神社の鏡池にて、蓮糸を採ることができたことに感謝し、南新町南西の所[現在、JR線の踏切横]に松を植えたと伝わる。)